人生リセットボタン借金ブログ

個人再生経験者が借金の悩みや解決方法を考える借金ブログ

仕事終わりに食事に誘われた時に借金でお金がない人が取った方法とは?

f:id:hennsaisurude:20191007183038j:plain

お金がない時に誘われたら、どうやって断りますか?

借金でお金がない時って、周りの同僚と明らかに生活スタイルが違うんですよね?

 

普通のサラリーマンはこのように考えます。

「仕事が終わったら一杯行こうか?」

 

お金がないサラリーマンならこんな感じに考えます。

「たまにはおごってもらおうかな?」

 

借金でお金がないサラリーマンは・・・ちょっと違います。

「今日も、今後も断る理由を探さなくちゃ・・・」

 

そうです!

借金でお金がない人は、今だけじゃないくて今後もお金がないので

今後も誘わられると困るわけです・・・

 

普通なら「今日はお金がないので・・・」と断れるんですが

借金でお金がない人は、今後も毎回お金がない状態です。

(今お金がないのと、将来もお金がない状態の違いはレベルが違います)

 

当然・・・

なんでおまえはいつもお金がないの?

 

こうなるんですよね。

悲しいですね・・・

「今月はお金ないから行けないよー、ごめんね」

そう言えない借金で困ってる人たちは、どのように断ればいいのでしょうか?

 

今回は僕自身が取った断る方法と、他の方の意見をまとめてみました。

同じような境遇の人の参考になるかな?

とにかく残業をしまくる 

誘われた時に一番効果的に断る手段はこれです。

まず大事なことは、他の同僚と終業時間を合わせない事です。

 

まず終業時間間際に、大量の仕事をするように仕掛けておきます。

資料やら書類やらを机の上に山積みします。

そして21時過ぎまで仕事すれば、大体の人は帰宅しています。

 

もし同じように残業している人がいても「今日は遅いし家ですぐ寝るよ」と言い訳ができます。

 

これだと自然に断れるし、誘われる機会もぐっと減ります!

でも、ここ最近は残業もできない会社も増えてきました。

 

では次の手段です。 

仮病でもいいので病弱になる 

「病院でお酒を控えるように言われているんだ」と、病弱でお酒が飲めない設定が効果的です。

こうしておけば、しばらくは断る理由ができます。

 

ただ・・・この弱点は、元気になったら飲みに行こう!などと誘われたり、嘘の病気なのに「病気の心配をされたりする」のが弱点です。

 

それに、もしスポーツなどをしているのなら、顔色も良くて休日はスポーツしているのに病弱??と怪しまれます。

 

いえ、怪しまれるのならまだいいのですが、病弱設定は・・・

すぐに同僚から忘れられます!

 

これはピンポイントでしか使えない設定と思うほうがいいです。

短期的には有効かもしれません。

僕も病弱な設定をしましたが、そんなに長期的な効果はありませんでした。

直帰を有効利用する 

お酒や食事を断るには、基本は終業間際に会社の人と合わない事です。

そうなると直帰は営業の仕事の場合は、有効な「断る手段」です。

 

これはある意味有効なんですが、毎回直帰は難しいかもしれません。

これもピンポイントでの有効手段の一つです。

家族が病気と言い訳する 

ここまで来ると「おまえ学生かよ!」と思える言いわけですが、これもどうしても・・・って時の有効手段です。

 

ただし何度も使えませんし、すでにお酒や食事を何度も断っているのなら・・・

 

嘘がバレバレです!

それも覚悟の上で使える、断る方法です。 

習い事や運動など趣味を始める 

仕事が終わって、スポーツジムやカルチャー的な趣味を始める!

これは案外効果があると思いますよね?

 

もし誘われても

「今日はヨガ教室があるから行けないんだよね」と、断る理由ができます。

 

健康的なことに時間を使っているので、他の同僚も好意的な目で見てくれます。

・・・と思います。

 

でも・・・借金持ちは、そんな習い事や趣味にお金を使う余裕はありません!

実際はしてもいないのに、趣味や習い事を理由にすると

・・・絶対にバレます。

 

僕も一度使いましたが、無理です!

結論!お金がない人は不幸と思われる 

おそらくここで紹介した「断る手法」は 、大体の方が少しは利用されたと思います。

僕もかなり使いました・・・

 

そして結果としては、身体も弱く、家族も大変なのに、夜遅くまで仕事を頑張る不幸なやつ!そんな目で見られることになりました。

 

そのうち、そういった病弱設定もバレるので「ただの付き合いの悪い奴」になります。

 

結果的に借金があって解決方法がない人は、ずっとこんな人生を来ることになるんですよね。

 

もし借金をなくして人生を変えたい!

そう思っている方はこちらの記事も合わせてお読みください。 

www.hensai.online

 

いつも応援ありがとうございます。