人生リセットボタン借金ブログ

個人再生経験者が借金の悩みや解決方法を考える借金ブログ

AdSense ポリシーが変更されたのでその内容を分かりやすくまとめてみた

f:id:hennsaisurude:20180219104001j:plain

 

以前、ブログでもご紹介しましたが、今日からアドセンスが変更されとメールがありました。

ブログでグーグルアドセンスを利用している人からすると、ちょっと不安ですよね?

 

そんな気になる「ポリシー変更」・・・今回は、グーグルアドセンスの「ポリシー変更」の内容についてまとめてみます!

 

以前のブログの内容も、ぜひご参考にしてください。 

www.hensai.online

 

アドセンスのポリシー変更の内容はこの二つ! 

何となく難しそうなポリシー変更ですが、実は難しくありません。

今後は違反したコンテンツを二つに分けて対処する!ってことです。

 

その二つはこうなります。

①広告掲載が認められないコンテンツ明確化

②広告掲載が制限されるコンテンツを明確化

いわゆるGoogleのポリシー違反をしたら、①広告の掲載自体しませんよ!・・・という対処と、②広告を制限しますよ!・・・って対処に分かれるって事です。

 

簡単に言えば・・・

ポリシー違反の対処をきちんと明確化したって事です。

 

そうなる時になるのが、どんなポリシー違反?って部分ですよね。

ではポリシー違反についてご説明します。

広告掲載が認められないコンテンツとは? 

まず、広告掲載自体を認めません!

あなたのブログに広告は貼れません!

そういう対処をされるポリシー違反はこうなっています。

 

自分のブログとよく比較してみてください。

 

【広告掲載を認めないコンテンツ】

①違法なコンテンツ

違法なコンテンツ、違法行為を助長するコンテンツ、他者の法的権利を侵害する・・・犯罪の匂いがするコンテンツなどです。

②知的財産の侵害

著作権侵害や、コピー品などを取り扱ったコンテンツが該当します。

③絶滅危惧種の販売などを取り扱うコンテンツ

④危険または抽象的なコンテンツ

・人種差別やヘイト系のコンテンツ。

・個人攻撃のコンテンツ

: 個人を名指しで罵ったり中傷したりしている、不幸な出来事が実際には起きていないと示唆したり、報道の映像に登場する犠牲者やその家族が実は当事者を演じているとほのめかしたりしている

・自分自身または他者を脅迫しているコンテンツや、危害を加えることを奨励しているコンテンツ

・強要による他者への搾取を目的とするコンテンツ

: 略奪、リベンジポルノ、恐喝

⑤不正行為を助長する商品やサービス

何かを偽造する裏技やハッキングの裏技などがここに該当します。

⑥不適切な表示に関連するコンテンツ

フィッシング詐欺や、クリック誘導型コンテンツなどがここに該当します。

⑦悪質なソフトウェアまたは望ましくないソフトウェア

これはサイトを見るとエラーを起こすような、そんなコンテンツです。

⑧露骨な性的描写を含むコンテンツ

⑨国際結婚のあっせん

⑩家族向けコンテンツのふりして成人向けテーマのコンテンツ

⑪児童の性的虐待や小児性愛に関するコンテンツ

 

こういったコンテンツは広告を掲載しません!

それに収益化も認めません!

ここではそういった内容になります。

広告掲載が制限されるコンテンツとは?

次は広告が制限されるコンテンツの説明です。

制限されるというのは「該当するコンテンツは、収益化すること自体は可能でも、制限対象外のコンテンツより広告の供給が少なくなる」という意味です。

 

まあ・・・せっかくコンテンツを作っても、ほとんど広告はないよ!って意味ですね。

 

【広告掲載が制限されるコンテンツ】

①性的なコンテンツ

②ユーザーに強いショックや不快感を与えるコンテンツ

③爆発物に関するコンテンツ

作り方や宣伝は禁止されています。

④銃や銃の部品と関連商品に関するコンテンツ

作り方や宣伝は禁止されています。

⑤その他の武器および兵器に関するコンテンツ

作り方や宣伝は禁止されています。

⑥タバコに関するコンテンツ

販売や宣伝などに関して禁止されています。

⑦アルコールの販売や乱用に関するコンテンツ

⑧オンライン ギャンブルに関するコンテンツ

宣伝やそういった事を運営するコンテンツなどは禁止されています。

⑨処方薬に関するコンテンツ

処方薬のオンライン販売を宣伝するコンテンツ などです。

未承認の医薬品やサプリメントに関するコンテンツ

Google Play ストアから削除されたアプリ

 

ブログの影響はどうなのか?

普通にブログを運営する場合は問題ありませんが、何かの拍子でうっかりと、このポリシーに違反した場合はどうなるのでしょうか?

 

もちろん故意的な違反者はアウトです!

 

Googleからはこのような説明があります。

Google サイト運営者 / パブリッシャー向けポリシーに違反するコンテンツでは、広告配信による収益化が許可されず、広告を配置することもできません。ポリシー違反のコンテンツを収益化しようとすると、アカウントが一時的または恒久的に停止される可能性があります。

 

Google サイト運営者 / パブリッシャー向けポリシーに違反するコンテンツとは?

ブログの最初に説明した「広告掲載が認められないコンテンツ」ですね。

この場合は、永久的にアカウントが停止される可能性があるとの事です。

 

じゃあ、広告が制限されるコンテンツはどうなるのか?

この場合の対処は詳しく書かれていませんが、どちらにせよ広告の制限があるので、ポリシーに準拠することが大切です。

 

詳しいポリシーについてはこちらを参考にしてください。

【AdSense ポリシー変更履歴】

support.google.com

いきなりメールでお知らせが来ると、ブログ管理者からするとちょっと驚きますが、普通に健全なブログを更新していれば問題はありません!

 

いつも応援ありがとうございます。