人生リセットボタン借金ブログ

当サイトは誰にも言えない800万円以上の借金を高金利で返済する地獄の日々を送り、個人再生で借金を解決した日々を書いた実体験ブログです

国の教育ローンを使った上手な借金方法

 

【国の教育ローンの上手な借金の仕方とはなに?】

  • 奨学金より教育ローンを活用すべき
  • 国の教育ローンの用途は限定されているので予め想定しておくべき
  • 奨学金は最低限の借入にしよう

 

上手な借金と言うのがあります。

例えば近い将来に子供の教育資金が予定されているのに、それに関する費用を高い金利で借りる必要はありません。

 

今回は必要とされる教育資金をいかに上手に活用するか?

この部分をブログでまとめてみました。

 

奨学金や教育ローン

家庭を持ち子供ができたのなら、今後は子供の教育資金でお金を借りる必要がるってことは頭に入れておいてください。

 

ここで特にポイントとなるのが「国の教育ローン」です。

僕の個人的な意見としては「国の教育ローン」はギリギリで借りるのではなく、余裕を持って借りておく事を勧めます。

 

逆に奨学金はギリギリ最低限にしましょう。

 

国の教育ローンはとにかく金利が安いのが特徴です。

平成31年1月10日時点の金利は、年1.78%となっておりまた返済期間も原則で最大15年まで設定できます。

 

元金の返済開始も据え置きが多く、余裕ができた時に返済ができます。

なので子供の教育費で必要なお金を他で借りるよりは、教育ローンでまとめて借りたほうがお得です!

www.okane.online

 

国の教育ローンの用途は限定されています

ただし国の教育ローンは、使い道が限定されています。

なので予め支出が予想されるものを把握しておくことも大事です。

 

【国の教育ローンで借りられる内容】 

①学校納付金(入学金、授業料など)

これがわかる書類が必要です。

②受験にかかった費用(受験料、交通費、宿泊費など)
③教科書代、パソコン購入費
④通学や教育にかかる費用
・在学のための住居費用(敷金、家賃など)
・留学費用
・学生の国民年金保険料、その他

 

奨学金はギリギリで借りるべき

 

奨学金の場合は話が別になります。

奨学金の借主はお子様になります、親は連帯保証人です。

 

いくら将来的に親が返済するつもりでいても、やはり子供が返済するパターンが多く見受けられます。

それに親に何か不幸があっても困ります。

 

そうならないためにも、子供が債務者となる奨学金は最低限の設定としておきましょう。

 

ちょっとした工夫と前もって行う準備で、同じく必要とされる資金も安く上手に借りることができます。

ぜひ参考にしてみてください。

 

いつも応援ありがとうございます。