人生リセットボタン借金ブログ

個人再生経験者が借金の悩みや解決方法を考える借金ブログ

お金がない時に国の生活福祉資金貸付制度を利用する方法

 

【お金がない時はまず国の支援制度を利用すべき】

  • 国や自治体の各種支援制度
  • まずは親に頭を下げろ
  • 保険や換金できるものを見直せ
  • カードローンは最後の最終手段

 

しまった!

お金が必要だぞ・・・どうしたらいいんだ?

 

例えばあなたが「低所得者世帯」や「障害者世帯」「高齢者世帯」ならば迷わずに国の生活福祉資金貸付制度を利用してください。 

 

今回はお金がない時に「消費者金融などに頼らず」お金の工面をする方法をまとめてみました。

 

国の生活福祉金貸付制度一覧 

①【生活支援費】

生活再建までの間に必要な生活費用です。

生活の立て直しのために継続的な相談支援(就労支援、家計指導等)と

生活費及び一時的な資金を必要とし、貸付を行うことにより自立が見込まれる方。 

貸付限度額

(二人以上)月20万円以内
(単身)  月15万円以内 

保証人あり → 無利子

保証人なし → 年1.5%

 

②【住宅入居費】

敷金、礼金等住宅の賃貸契約を結ぶために必要な費用です。 

貸付限度額 40万円以内

保証人あり → 無利子

保証人なし → 年1.5%

 

③【一時生活再建費】

生活を再建するために一時的に必要かつ日常生活費で賄うことが困難である費用

就職・転職を前提とした技能習得に要する経費
滞納している公共料金等の立て替え費用
債務整理をするために必要な経費等がここに入ります。 

貸付限度額 60万円以内

保証人あり → 無利子

保証人なし → 年1.5%

 

④【福祉費】

福祉費は結構幅が広いので下記の中で該当すれば相談可能です。

・生業を営むために必要な経費
・技能習得に必要な経費及びその期間中の生計を維持するために
 必要な経費
・住宅の増改築、補修等及び公営住宅の譲り受けに必要な経費
・福祉用具等の購入に必要な経費
・障害者用の自動車の購入に必要な経費
・中国残留邦人等に係る国民年金保険料の追納に必要な経費
・負傷又は疾病の療養に必要な経費及びその療養期間中の生計を
 維持するために必要な経費
・介護サービス、障害者サービス等を受けるのに必要な経費及び
 その期間中の生計を維持するために必要な経費
・災害を受けたことにより臨時に必要となる経費
・冠婚葬祭に必要な経費
・住居の移転等、給排水設備等の設置に必要な経費
・就職、技能習得等の支度に必要な経費
・その他日常生活上一時的に必要な経費

貸付限度額 580万円以内

保証人あり → 無利子

保証人なし → 年1.5%

 

⑤【緊急小口資金】

緊急かつ一時的に生計の維持が困難となった場合に貸し付ける少額の費用のことです。

貸付限度額 10万円以内

保証人不要 無利子

 

⑥【教育支援費】

これは低所得世帯に属する者が高等学校、大学又は高等専門学校に修学するために必要な経費です。

貸付限度額

<高校>月3.5万円以内
<高専>月6万円以内
<短大>月6万円以内
<大学>月6.5万円以内
※特に必要と認める場合は、上記
  各上限額の1.5倍まで貸付可能

保証人不要 無利子

 

⑦【就学支度費】

低所得世帯に属する者が高等学校、大学又は高等専門学校への入学に際し必要な経費のことです。 

貸付限度額 50万円以内

保証人不要 無利子

 

これ以外でも都道府県によっては独自に支援を行ってる自治体もあります。

下に自治体別の連絡先があるのでご参考にしてください。

www.shakyo.or.jp 

親に相談する

一般的には、国の生活福祉資金を利用できる資格がない方のほうが、かなり多いかもしれません。

その場合は・・・安易にどこかでお金を借りずに、まずは親に相談しましょう。

 

恥ずかしい・・・心配かけたくない・・・

色んな考えもあるとは思いますが、金利のかからない借金は本当に助かります。

 

まずは親に頭を下げましょう。 

心が痛むかもしれませんが、借金する事よりその後にやり直して親を安心さえるつもりで相談してみましょう。

保険などの解約 

保険金も解約によってお金になります。

 

よく探してみると解約返戻金がある保険に入ってる方は多いと思います。

いま加入している保険をすべて見直しましょう。

掛け捨てと思っていても、案外返戻金がある場合が非常に多いです。

 

まずは保険を解約してお金を作り・・・

もったいないですが・・・余裕ができたときにまた保険に入るようにするのも、緊急的な一つの手段です。 

家にある物を売る 

家にある物を見渡してください・・・

こうなればテレビなどの家電も、仕方がない場合は車の売却も視野に入れましょう。

断捨離だと思って、このさいきれいに処分しお金に変えるのも大事です。

 

安易にお金を借りるよりずっと楽ですよ。 

銀行でローンを申し込む 

それでもお金を借りる必要があるのなら、キャッシングをする前に

まずは自分の口座がある銀行でフリーローンの相談が一番です。

 

銀行のフリローンなら比較的に安い金利で借り入れができます。

また反復して借りる商品ではなにので確実に借金も返済できます。 

カードローンやキャッシングを使う 

これは最後の手段です。

それでもどうしようもない・・・

 

その場合の最終手段として考えてください。 

お金がない時の対処法のまとめ 

緊急時の対処は難しいとしても、これから先の支出に関しての心構えや準備はしておくべきです。

 

万が一の場合はどうするのか?

貯蓄はあるのか?

ない場合はどうすべきか?

どんな書類などが必要なのか?

 

せめてこの程度は把握しておくだけで、本当に困ったときに助かります。

 

いつも応援ありがとうございます。