人生リセットボタン借金ブログ

借金800万金利18%の絶望から個人再生でやり直しと日々の出来事

【多重債務者になるまでのブログ】②急な自己退職をしたが若かったし甘かった

f:id:hennsaisurude:20180228173845j:plain

前回の続きとなります。

 

このブログは、僕が多重債務者になるまでの道のりを書いています。

前回のブログはこちらです。

【多重債務者になるまでのブログ】①800万円の借金ができあがるまでの過程をブログに書きます - 人生リセットボタン借金ブログ

 

 

若さと甘さの正義 

倒産も可能性もある業績不振の会社・・・

社長や役員の苛立ちとリストラの話・・・

 

僕は理解できない部下のリストラの件で頭に来ていたこともあり

今度、リストラの話を僕に聞こえるように話したら・・・その時は自分が辞める!

そんな考えでいました。

 

部下の山下くんのリストラの話が、なぜ自分が辞めることに繋がるのか?

今考えると若いというか甘いというか・・・

他の方法もあったと思います。

 

でもその頃は、その判断が自分の中では正義でした。

家族もいるのに・・・浅はかだったと思います。

 

それに心の中ではそんな日(辞める日)が来てほしくない・・・とも思っていましたし

 

社長からしてみても

「そんなことは口だけだろ?」と思っていたかもしれません。

 

急な展開

その日は急に来ました。

 

いつものように出社してきた社長は、その日も銀行との話がうまくいかなかったようで

やはり役員に当たっています・・・

 

そのうち口癖のようになったあのセリフが・・・

 

「社員は減らせ!〇〇とか辞めさせろ!」

 

聞きたくなかった言葉が僕にはハッキリ聞こえました。

 

自分が若かったせいもあったし

何をしても自分は仕事はある程度できる!・・・と

心の中で思いあがっていた部分もあったのでしょう。

 

その日のために・・・念のためにと、事前に作っておいた「退職届」を机から出して

・・・社長室へ向かいました。

気持ちは決まっていました。

 

社長との会話

コンコン・・・

 

いつものようにノックをして

「失礼します!」と社長室に入ります。

 

「ん?どうした?」

 

社長は仕事の話でもあるのか?

てな感じで僕にソファーに座るように言います。

 

ソファーに座ってからはあまり覚えていませんが

社長には詳しい理由は話さず、一身上の都合で退職することを伝えたと思います。

 

前に「僕の前でリストラの話はしないでください」と、すでに言ってるので、ここではあえて辞める理由を言いませんでした。

 

言ったところでケンカになるだけでしょう。

 

後で聞きましたが、社長は僕がどこか他の会社にヘッドハンティングされたと思っていたようです。

そこそこ給料も待遇も良かった僕が会社を辞める理由を理解できなかったそうです。

 

いきなり襲ってくる現実 

 

そして・・・

一週間ほどで会社の荷物を片付け、僕は退職することになりました。

 

リストラに抗議する!

そんな意味で会社を辞めるとなれば、社員もみんな同調するというか驚くというか・・・

 

会社の体制に一石を投じた!

だから大きく変わる!

大騒ぎになるぞ!

 

そう思っていましたが・・・実際の社内はいつもと同じ雰囲気です。

山下くんもいつもと変わらぬ状態です。

 

同乗して欲しいわけじゃありませんが

僕が辞めても何も変わらない事に気がつきました。

 

いや・・・

辞める影響力なんて無に等しいと気がつきました。

 

思い上がり!

そして軽はずみと甘さ。

 

若いということを差し引いても、結婚してる身としては浅はかだったと思い知ることになりました。

 

そしてその後に現実が襲ってきます。

 

前回のブログはこちらです。

【多重債務者になるまでのブログ】①800万円の借金ができあがるまでの過程をブログに書きます - 人生リセットボタン借金ブログ