人生リセットボタン借金ブログ

借金850万と金利18%の絶望から個人再生でやり直してる日々の出来事

【チェック!住宅ローンと個人再生】住居は残せる個人再生について超簡単に詳しく語ろう

f:id:hennsaisurude:20180402142133j:plain

個人再生の最大のメリットは住宅ローン中の住居も残せるって事です。

 

基本的に住居のような高額な資産を残したまま個人再生をすると・・・当然ですが債権者に反対されるので無理でしょう。

 

でも住宅ローン返済中の場合は可能性があります。

 

ここで押さえておきたいのは個人再生のルールです。

 

個人再生は①減額した借金②持ってる資産を比べて、多い方を返済する!

この一つを頭に入れると個人再生の返済について・・・大体理解できます。

 

 

個人再生の大事なルール 

個人再生は最低でも清算価値より多い金額を返済しないとダメ!

これが基本的な個人再生のルールです。

 

一言で言うと・・・

 

「おまえの資産を金に換えた金額以上は最低でも返せよな!」

ってことです。

 

清算価値って何??】

清算価値は手持ちの資産(保険や住宅含む)をすべて現金にした価値の事です。

 

減額した返済額以上の資産があるなら返せ! 

f:id:hennsaisurude:20180403105302j:plain

例えば上のルールを簡単に置き換えるとこうなります。

 

Aさんは借金が300万円で個人再生を行うと・・・減額されて100万円の返済になります。

※表を参考にしてください。

小規模個人再生での返済額は下記の表を基準に計算されます。

100万円未満 借金総額 そのまま
100万円以上500万円以下 100万円
500万円超1,500万円以下 借金総額の5分の1
1,500万円超3,000万円以下 300万円
3,000万円超5,000万円未満 借金総額の10分の1

 

でもAさんは・・・ローン残債のない、500万円の新車を持っていました。

 

当然ですが債権者は・・・

おいおい!その車を売って返せよ!!

ってなります。

 

これが清算価値以上の返済の個人再生のルールです。

 

これを住宅に置き換えると分かりやすいと思います。

 

アンダーローンは差額が全て資産扱い!

住宅の場合はほとんどが住宅ローンの支払い中だと思われます。

 

なのでここで清算価値(住宅を現金にした場合)を出すには、ローンとの相殺をする必要があります。

 

①ローン残高が住宅の価値より少ない場合 → アンダーローン

住宅の価値1000万円 ー ローン残高300万円 =700万円の清算価値

②ローン残価が住宅の価値より多い場合 → オーバーローン

住宅の価値1000万円 - ローン残高1100万円 =-100万円

 

②は特殊ですが、ほとんどの場合はアンダーローンになっていると思われます。

①の方が、個人再生を行うと、最低でも700万円の返済をする必要があります。

 

もっと詳しく説明すると、住宅以外の資産・・・車や保険の解約返戻金も加算されます。

これが最低でも返済しないとダメな金額になります。

※詳しくは弁護士の先生に事前に相談必須です。

 

住宅ローンの残債が少ない人 

残債の多い少ないをどう計算するのか?ってことですが

住宅を残しながら個人再生を行うと想定したい場合・・・

個人再生が3年で返済となるので

 

例えば借金300万円で、マンションの資産価値が1000万円の場合

(ローン残債と評価価値の差額)

1000万円 ÷ 36回 = 月の返済額・・・約27.8万円

おおよそですが、こうなります。

 

査定はしておいて損はない

大事な住宅ですが・・・今の生活がもう破綻している場合は、やはり個人再生などに頼るしかありません。

 

その場合は、思い切って住宅を任意売却するのも手です。

僕はそうしました。

任意売却して返済に回しました。

 

査定や任意売却となるとハードルが高そうに感じますが、基本的には不動産会社への電話一本で解決します。

 

住宅ローンとの相殺や銀行や買主との交渉・・・すべて不動産の担当がしてくれるので、売却当日まですることはありませんでした。

当然ですが査定のみも可能です。

 

思った以上に簡単だったので、早めに連絡しておけば良かったと後悔しました。

 

借金の解決を考えるのなら、どちらにしても自宅の査定価格は把握しておく必要があります。

▼こちらからも査定相談ができます

 

僕の場合はこのような流れでした。

 

【住宅売却からの個人再生】

①不動産会社数社に査定依頼

②そのうち数社に委託

③買主が見つかり、住宅ローンの残債と相殺で売却

④手に入った現金で返済などする

結果的に全額返済はできずに・・・生活の圧迫が続き

⑤数年後に個人再生

 

住宅がない分だけ、個人再生の手続きは簡単でしたが、やはり売却したお金の使い道は弁護士の先生に書面(返済した証明)で説明をしました。

 

住宅ローンと個人再生のまとめ

個人再生ですべての借金が減額されるわけではありません。

住宅(資産)があると、その分が清算価値として扱われ・・・

 

減額した借金か?

持ってる資産か? 

どちらか多い方を返済するのがルールです。

 

そう考えるとやはり一番高額になる「自宅の査定」は事前にしておくのが大事ですね。

 

あと大事なのは住宅ローンの保証人が誰になってるのか?という部分も確認しておくのが大事です。

(保証人に迷惑をかけないように事前にチェック)

 

ちなみに住宅を担保にしてお金を借りる「リバースモーゲージ 」もあります。

こちらにそのことを詳しく書いています。

ぜひ参考にしてみてください。 

個人再生は、借金が返済できなくなってから、延滞してから・・・のケースも多いですが・・・

借金は計画的に・・・そして借金返済はなるべく事前準備を行ってから!

 

いつも応援ありがとうございます。