人生リセットボタン借金ブログ

借金850万と金利18%の絶望から個人再生でやり直してる日々の出来事

【40代、50代、60代、70代の借金】40代以上の年齢別の借金の平均額とその理由【人生残り??年】

f:id:hennsaisurude:20180226174219j:plain

一般的にクレジットカードは60歳からは作るのが難しいと言われています。

 

やはり収入もなくなり、もしく減るし、年齢的にいつまで・・・?って理由からだと思います。

 

そういうこともあるので、借金ができるのは60歳まで!

借金の限界年齢はおおよそそんなイメージです。

 

実際は条件によって変わってくるとは思いますが・・・でも年金をもらう直前の世代で「その状況で借金」となるとやはり非現実的です。

 

では30代、40代、50代・・・などで借金の平均額や理由はどうなのか?

今回はそれをブログでちょっと整理してみました。 

 

 

40代の借金の平均額 

f:id:hennsaisurude:20180315183216j:plain

【40代の借金がある人の割合】

まずはまだまだ働き盛り!の40代です。(住宅ローン含む)

 

借金がある世帯はなんと63%程度です。

逆に借金がない40代は37%程度ということになります。

 

【40代の平均的な借金】

これは借金がある人だけの平均です。

そして住宅ローンは含まない借金の額です。

ちょっと古い統計なので参考でどうでしょう?

 

平均借金額 → 40万円程度(住宅ローン除外)

40万円・・・なんだか・・・わかるような気がします。

 

40代の借金の目的 

目的で一番多いのは生活費の・・・38%程度です。

次が住宅購入、増改築で・・・32%程度。

その次が耐久消費財の購入で・・・17%程度です。

 

ちなみに耐久消費財とは長期的に使う、自動車、テレビ、ピアノ、家具などが入ります。

 

そう考えると・・・

 

ちょっと生活費が足りないな・・・という感じで40万円程度の借金があるというのが、一般的な40代の借金の特徴です。

 

50代の借金の平均額 

f:id:hennsaisurude:20180227111323j:plain

 

【50代の借金がある人の割合】

イメージとしては人生の完熟の50代です。(住宅ローン含む)

 

借金がある世帯は40代より少し減って53%程度です。

40代に比べて少し借金世帯は減った感じもします。

 

でも50代から収入が少し減り始めると言われています。

そう考えると・・・40代と比較しても苦しさに変わりはありません。

 

【50代の平均的な借金】

これは借金がある人だけの平均です。

住宅ローンは含まない借金の額です。

 

平均借金額 → 240万円程度(住宅ローン除外)

 

50代は借金をしてる人は40代に比べると少ないのですが、驚くことですが借金の平均額は増えています

やはりこの時期になると「貧富の差」が目立つようです

 

60代の借金の平均額 

【60代の借金がある人の割合】

もう年金の事を考える年齢です。

おまけに定年退職者もある60代です。

 

借金がある世帯は27%程度です。(住宅ローン含む)

かなり減ったとはいえ、まだまだ住宅ローンが残ってたりする様子です。

 

でも50代からは、収入が少し減り始めると言われています。

そう考えると・・・苦しさに変わりはありません。

 

【60代の平均的な借金】

これは借金がある人だけの平均です。

住宅ローンは含まない借金の額です。

 

平均借金額 → 200万円程度(住宅ローン除外)

 

60代になって借金がある人は・・・200万円程度はあるそうです。

収入も減ったのに、住宅ローン以外の借金が200万だと辛いと思います。

 

70代の借金の平均額  

f:id:hennsaisurude:20180217155422j:plain

【70代の借金がある人の割合】

完全な年金世代です。

サラリーマンではなく収入があっても個人事業主かと思われます。

そんなイメージの70代です。

 

借金がある世帯は11%程度です。(住宅ローン含む)

10人に一人は住宅ローンを含む借金がるようです。

 

 

 【70代の平均的な借金】

これは借金がある人だけの平均です。

住宅ローンは含まない借金の額です。

 

平均借金額 → 700万円程度(住宅ローン除外)

 

70代になって借金がある人は・・・700万円程度とここでかなり増えています。

やはり原因としては個人事業主が多いということでしょうか?

ここまで来るとおそらく返済はできないと思われます。

 

老後の借金を事前に防ぐ方法 

やはり住宅ローンをきっかけに借金が増えるようです。

(住宅ローン返済で生活資金が不足するため)

 

なので借金があると言っても、住宅が残っていれば・・・相殺して資産も残ると思われます。

 

でも「住宅ローン」で無理して住宅を持つことに意味があるのでしょうか?

 

老後の住まいの問題は確かに複雑です。

なかなか借りることもできないかもしれません。

 

それについてはこちらでも詳しく書いています。 

www.hensai.online

 

ライブドア堀江貴文ホリエモン)さんは自分のブログで

「老後家賃が払えなくなる心配があるのであれば、家を買わずに、お金をためる、資産運用をするほうがよっぽどよいです。家を買うにもどうせ、頭金が必要です。それを原資に資産運用おすすめです。」

 

このように書かれていました。

ある意味・・・これは納得できます。

 

まずは自分の価値観をしっかりと持なたいといけませんね。

いつも応援ありがとうございます。