人生リセットボタン借金ブログ

個人再生経験者が借金の悩みや解決方法を考える借金ブログ

親の借金は3カ月以内に整理しろ!離婚と子供と借金と相続について

もし・・・借金漬けの旦那さんが、何かの事故や病気なので

 

いきなり不幸があった場合!どうする?

 

もしご両親に借金があって不幸があればどうする?

 

・・・まず結論から言います。

 旦那さんと離婚した嫁の場合・・・赤の他人になったので

 

「旦那の借金なんて関係ありません」

※ただし連帯保証人になっていたら話は別です。

 

ただしお子様がいた場合は話は・・・話は別です。

子供には借金が相続されます!!

 

なんだそれ?なぜ?

 

といっても親子の関係は、親が再婚して新たな家庭を作っても関係ないのです。

注意してください!!親子は親子です。

 

知ってるとは思いますが、借金も当然の話で

しっかりと子供に相続されるのでこの部分を少しまとめてみました。

 

子供はいつもどんな状態でも親の相続人 

奥さんの場合は旦那さんと離婚したら

その時からまったく無関係になります(相続もありません)

 

でも子供の場合は「親が再婚しても」関係なく・・・いつも相続人です。

 

【配偶者以外の相続はこのようになっています】

第1順位 直系卑属(子、孫など)

第2順位 直系尊属(父母、祖父母など)

第3順位 兄弟姉妹

 

例えばあなたの父親が、離婚後に他の誰かと再婚したとします。

あなたの父親の、その新しい家庭で新たに子供ができたとする・・・

 

あなたも、その新しい家庭の子供「同じ相続人」です。

 

親と縁を切ろうが何をしようが、親子の縁は法律上切れないって事です!

それだけ太いんです! 

子供にとっての遺産相続は?

遺産というのは親名義の1億円の土地があった!とか

そんな「嬉しい資産」だけじゃないです。

 

相続の中には恐ろしい「借金」も含まれています。

 

「俺は父親の銀行の積み金だけを相続する!」

「借金は相続しないよ!」

そんな都合のいい話はありません。

 

相続とは、資産も借金も全ての相続です。

なので積み立て資産が100万円で、借金が1000万円って事もあり得るので

ご両親が亡くなったら注意が必要です。

 

逆に借金持ちの方は自分の子供に借金を残さないことが大切です。

 

あなたにお金を貸した金融業者は、債務者が亡くなったら、その相続人の「子供」に対しても借金の支払いを請求してきます。

 

戸籍などをしっかりと調べるので、その点はプロは抜かりありません。

 

親の借金の相続回避のための方法 

簡単に結論から言います。

借金を相続しないためには「相続放棄」をするしかありません。

 

「相続放棄」とは、資産も借金もすべて放棄しますよ!

親の財産も借金も全て放棄です!

 

と・・・手続きを行う事です。

 

ちなみに「限定承認」という一部を承認する方法もありますが、それは相続人全員で行う必要もあり煩雑です。 

相続放棄の方法 

相続放棄は家庭裁判所に「相続放棄申述書を提出」を提出する必要があります。

 

【相続放棄申述書に必要な書類として】

被相続人の戸籍謄本や住民票(除票)

被相続人との関係がわかる戸籍謄本など

 

思った以上に手間がかかりますので、弁護士、司法書士等に依頼することが多いです。

 

 【子供が未成年の場合】

子供が未成年の場合は自分で手続きなんかできません。

その場合は親権者が手続きをしなければなりません!

 

その上で裁判所に「相続放棄申述受理証明書」を発行してもらえれば大丈夫です。 

 

どうしたらいいかわからない?

そんな時は弁護士の無料相談を利用してください。 

タイムリミットは3カ月 

大事なことですが・・・この「相続放棄」は期限が設けられています。

 

その期限とは・・・

相続の開始があったことを知ったときから3ヶ月以内

 

これは親が亡くなったことを、あなたが知ってから3カ月という意味です。

 

例えばあなたが海外旅行に出かけていて半年ぶりに帰国したとします。

帰国後初めて「父親が亡くなった」ことを知ったとしたら・・・その知った時点からら3カ月です。 

借金がある親が子供のためにしておくことはこれ

多からず少なからず・・・社会人は借金をしてると思います。

 

金融業者からの借金だけじゃなく、買い物でのクレジットなども当然借金です。

それも全部含みます。

 

その借金の金額が大きくなければそこまで問題はないのですが・・・

多少大きな金額の場合は、元気なうちに事前に対処しておくことが大事です。

 

僕が個人的に勧めるのは・・・

「借金履歴表、残債表」などを残しておくことです。

 

自分の借金を子供に見せるのは恥ずかしいかもしれませんが・・・

それをきちんとしておかないと、大事なあなたの子供が困ることになります。

 

自分の借金を子供に残さず!

しっかりと整理しておくのが親の責任の一つだと思います。

 

また離婚について興味のある方は、こちらでも詳しく心境変化などを書いています。 


借金と言っても夫婦や親子など色んな方の利害が絡みます。

少しでも迷惑をかけずにおきたいためにも、万が一の場合の準備は大切です!

 

いつも応援ありがとうございます。