人生リセットボタン借金ブログ

借金850万と金利18%の絶望から個人再生でやり直してる日々の出来事

【99%禁煙できる方法】65歳まで禁煙で1100万円も貯金できる、借金と禁煙の密接な関係

f:id:hennsaisurude:20180720102549j:plainタバコがまたまた値上がりするそうです。

 

ここ最近・・・街のどこに行っても禁煙が主流です。

普段なら吸えた場所もどんどんなくなり・・・周りを見てもタバコを吸う人はかなり肩身が狭くなっているようです。

 

あのパチンコ店も禁煙になるとのことです。

 

僕も以前はタバコを吸っていましたが・・・気合と根性のみでやめました。

 

「どうやってやめたの?」

 

と、よく聞かれますが

「本気でやめたいのなら誰でもやめることは可能です」

 

 と答えて「本気の友人」にだけ禁煙の手伝いをします。

 

この手法は禁煙のために、わざわざ本を買う必要もなく、高い禁煙グッズも不要です。

節約のために禁煙するのなら、禁煙のためにお金をかけるのもナンセンス!

 

そんな借金持ちが語る・・・経費ゼロの根性禁煙の方法を記事にしてみます。

(この方法を友人に教えて、禁煙できなかった友人は一人もいません)

 

最後まで読むと・・・きっと禁煙できる気がすると思います。

手法だけ知りたい方は一番下まで飛んでください。

 

でもそれまでの過程が大事だと思っているので、禁煙を本気で考えてる方は上から順にお読みください。

 

一日に吸う本数は? 

f:id:hennsaisurude:20180719174131j:plain

さて禁煙の前にタバコと費用の関係を考えると、今後も喫煙することがバカらしくなります。

 

統計的に男性の場合は1日一箱の喫煙が一番多いそうですが、これはアンケート上面倒なので、そう答えるのが多いと勝手に思っています。

 

実際は酒の席でも吸ってしまい吸う本数は増えるし、1日一箱半程度が多いのではないでしょうか?

 

金額にして、このタバコでどの程度を灰にしているのか?

さてこれを計算してみます。

(実際はすでにされている方も多いと思います)

 

喫煙にかかる費用を計算した 

f:id:hennsaisurude:20180424165615j:plain

 

①設定喫煙期間

20歳から65歳(年金世代)まで、45年間タバコを吸ったとします。

 

②タバコの価格

将来の値上げもありますが、まずは一箱460円で計算します。

 

③65歳までかかる喫煙費用

1日一箱吸うと、年間167,900円

1日1箱半吸うと、年間251,850円

 

20歳から65歳まで1日一箱半吸い続けたとすると・・・

たばこ代がなんと・・・

 

11,333,250円!!

 

ライターなどが月に1個は買うと思うので100円×45年=54,000円

 その他灰皿や掃除道具など・・・入れて

 

1150万円程度

・・・これを灰と共に捨てているという事です。

30歳で禁煙を開始した場合のシュミレーション

f:id:hennsaisurude:20180720171653j:plain

 

「金融監督庁にNISAの資産運用のシュミレーション」があるのでそれを使ってシュミレーションしてみました。

出典:金融庁ウェブサイト https://www.fsa.go.jp/index.html

 

もしあなたが現在35歳で・・・このこのままだとダメだ!と禁煙を始めて、その費用を積み立てNISAで運用した場合は・・・

 

35歳から禁煙を始めても

65歳で815万円も残ります!

まだ十分にやり直せます!

 

それをグラフにしたのがこちらです。

f:id:hennsaisurude:20180720171734j:plain

 

これだけのお金が・・・不健康な、そして周りに迷惑かかる行為で使われているのか・・・

 

禁煙すれば借金もローンも消える 

f:id:hennsaisurude:20180606173905j:plain

禁煙で1000万円以上お金が残るとしたら・・・単純に考えて800万円程度の借金なんて・・・禁煙すれば何の苦労もなく返せるってことです。

金利や禁煙開始時を無視として)

 

まあ実際には、40歳からの禁煙も考えられますし・・・一概には言えませんが、でも無駄なお金を月間2万円近く使ってるわけです。

 

おまけに健康状態は喫煙することで悪化します。

年を取ると「喫煙が理由で肺気腫」になったりもします。

 

そうなるとほとんどの患者は酸素濃縮器というボンベも必要になります。

死ぬまで必要になります。

肺がんのリスクも当然ですがあります。

 

喫煙者は健康なんて気にしない・・・と言う

f:id:hennsaisurude:20180331145440j:plain

ただ残念なことですが、喫煙者に健康の心配を説明しても・・・ほとんど聞いてもらえません。

・タバコを吸わないほうがストレスがたまる!

・自分の体調は自分でわかる!

 

でも人前ではそうでも、一人でいるときは考えることもあるとは思います。

 

健康のために禁煙!節約のために禁煙!周りの人のために禁煙!

禁煙する理由はたくさんあります。

 

でも案外、逆に喫煙する理由はほとんどありません。

 

一服すれば落ち着く → 喫煙しない人はいつも落ち着いています

一服すれば気持ちの切り替えができる → 喫煙していない人は切り替えも不要です

 

まあこんな感じで、禁煙はいいことだらけで、喫煙は良いことはないんですが・・・

 

ここでファイナルアンサーです!

本気で禁煙したいと思っていますか?

 

 

ここから先は「本気の人だけが読んでください」 

  

99%禁煙できる方法とは?

99%としたのは、この方法を勧めてチャレンジした友人は100%成功していますが、まあもしかしたら・・・ってのがあるので99%にしました。

 

まず前提条件が必要です。

それは「本気で禁煙するつもりか?」です。

 

これが確認できたら後は楽です、もう成功したようなもんです。

 

手法は簡単です。 

①禁煙すると宣言し、見届ける友人に100万円を預ける

②禁煙成功すれば100万円を友人から返金

③禁煙失敗すれば、預けた100万円を友人にあげる

これだけです。

この100万円の設定は、金額を上げれば上げるほど成功率が高くなるようです。

また禁煙の期間も設定するほうがいいです(永遠に禁煙だとトラブルになるので)

 

そしてできれば

禁煙成功したときは返金してもらうだけじゃなく、協力の謝礼として3,000円程度、もしくは居酒屋で一杯程度ご馳走してもいいかもしれません。 

f:id:hennsaisurude:20180720151227j:plain

ただし禁煙に失敗すれば、その100万円はすべて没収です。

(といっても実際は没収できないかもしれません、そこは見届け人の判断です)

できれば没収されたお金は、奥さんやご両親に渡してもらうようにする方がいいかもしれません。

 

禁煙チャレンジする人はリスクのみです(ただし成功すれば禁煙達成)

禁煙確認者はノーリスクです。

 

禁煙法はこれだけです。

 

でも、ほとんどの人が、この手法を提案すると・・・

 

また考えておく!

 

とか言って・・・うやむやになります。

1万円程度ならチャンレンジするとも言います。

 

結局・・・1万程度でチャレンジって事は・・・禁煙の覚悟なんて、やめられたらいいか?程度の事でしょう。

 

そんな覚悟で禁煙なんか難しいですよ!

 

なので本気の方限定の手法です。

 

一部の本気の猛者だけがチャレンジして確実に禁煙成功しています。

だって失敗すれば100万円消えるので真剣です。

 

結局・・・禁煙のコツは・・・

 

本気でやめる覚悟があるか?

 

この一点です(-_-;)

本気なら100万どころじゃなくて全財産でも大丈夫でしょう。

 

寝てる間に無意識に吸う人がいれば仕方がありませんが、そんなことないですよね?

 

結局のところ禁煙は・・・本気かどうか?本気になれるか?

ここが大事って事です。

 

ただし・・・あくまでも個人的に100%の成功率の禁煙方法なので、皆さんが色々アレンジしたりして参考として利用してください。

 

何事も「そうなればいいな・・・」では達成が難しいってことですよね。

 

ちなみに禁煙と禁パチを組み合わせたら絶大な効果がありました!

こちらのブログも一読どうぞ!

お勧めの禁煙グッズ 

f:id:hennsaisurude:20180719165620j:plain

この方法だとそこまで禁煙グッズ入りませんが、それでもグッズがある方が断然に楽です。

個人的におすすめはニコレットですがパッチも効果があると聞きます。

 

ニコレットはガムのように口に入れますが、少し噛んだら唇と歯茎の間に挟んでおきます。

 

そこからじんわりとニコレットに含まれているニコチンを吸収するので、吸いたいときにかなり効果的に我慢できます。

【指定第2類医薬品】ニコレット 96個 ※セルフメディケーション税制対象商品

【指定第2類医薬品】ニコレット 96個 ※セルフメディケーション税制対象商品

 

 

パッチは体の一部に貼り付けてそこからニコチンを吸収するタイプです。

これはニコレットより効果があるという事ですが、僕は試したことはありません。

 

どちらも実際のタバコとの併用は遠慮するようにとのことです。

 

やめられたらいいな・・・ではなく、やめる!と決めるのが本当に大事です。

 

いつも応援ありがとうございます。