人生リセットボタン借金ブログ

借金800万の個人再生と日々の出来事

【ストローマン論法とは】宇多田ヒカルのツイートで話題になった【藁人形論法】

f:id:hennsaisurude:20180130103054j:plain

ストローマン論法って知っていますか?

先日Twitter宇多田ヒカルさんが呟いていたのを僕自身も読みました。

 

宇多田さんの主張を簡単に言うとこれです。

「Aさんがメディアで発言したことを、別のBさんがその中の一言(もしくは部分)だけ用いて、元の意図とは違う内容にしてしまう事」

こんな感じです。

 

そして宇多田さんは

「こういう現象に名前はないの?」と呟いていました。 

初恋

初恋

 

  

それに対してのツイートで、このような現象が「ストローマン論法」や「藁人形論法」と言われるということがわかりました。

 

 

ストローマン論法とは  

f:id:hennsaisurude:20180203094222j:plain

これは先述しましたが、他の誰かの意見や発言を恣意的に利用して、元の意味とは違う意味合いで利用することです。

 

例を挙げるとこんな感じです。

Aさん「晴れた日にお年寄りが外で散歩するのは危険だと思う」

Bさん「それは間違えている!お年寄りも外に出たいと思っている、それなのにAさんは家の中に閉じ込めておけというが、それは自分が楽をしたいだけだ!」

 

てな感じでしょうかね。

元の言いたいことと全く違ってきていますよね。

 

人が伝えるのことなので主観は入っても仕方がない? 

f:id:hennsaisurude:20180201181847j:plain

ベトナム戦争の従軍ルポライターが自書でこんなことを書いていました。

 

戦闘の描写を書いても、ライターの主観は絶対入る。

例えばアメリカ軍が銃でベトナム軍を撃ってるのも事実だし、その横でベトナム人の子供が泣いているのも事実、向こうで動物が不思議そうに見ているのも事実。

何を取り上げどのように書くのかは、どうしても主観が入るもんだ。

 

まあ・・・言いたいことはわかります。

見たものから何を取り上げるのかはどうしても主観が入りますが、でもこれはストローマン論法とは少し違います。

 

職場でのストローマン論法の悪意 

f:id:hennsaisurude:20180307145704j:plain

ストローマン論法は、何を取り上げるのかを勝手に決めているわけではなく、さらにそれを元の趣旨と違う意味で都合のいいように利用する事です。

 

例えばA君が

『今日は「暑いな・・・やる気も出なくなっちゃうかも」これが夏の仕事なんだよね』

って誰かが話していたとします。

 

それを聞いた悪意ある上司Bは

「暑いさや寒さで仕事ができない?そんな風に会社の事を悪く言うのならおまえはどうなんだ?」

って感じで都合よく利用しちゃうことです。

 

こんなこと多くないですか?

職場で多くないですか?

 

そしてその後は上司に怒られながら「そんなつもりでの発言じゃないのに・・・」とストレスがたまる・・・

 

会社であるある現象かもしれません。

 

ストローマン論法をよくするタイプ 

f:id:hennsaisurude:20180217161306j:plain

会社でもプライベートでもよく見かけますが、こういうことをするのっておおまかに自信過剰な対応が多いですね。

 

・現場たたき上げで先輩づらするタイプ

・現場も知らない理屈だけ好きな頭でっかちタイプ

・評論家タイプ

どちにらしても共通点は・・・

 

プライドだけは高い!!

 

自分は正しい!他は悪だ!って頭から思ってそうなタイプに多そうです。

僕の周りにもいます。

 

テレビを見ると・・・評論家に多いです。

 

悪の論法の回避方

 

f:id:hennsaisurude:20180318123548j:plain

いくら上手に話してもこういう人には伝わりません。

そもそもストローマン論法の方は・・・自分がそうだと認識していないでしょう。

 

それにこんな方のために

 

「今日は暑くてやる気が出ないな・・・」

 

これを

 

「今日はいつもと違って3度ほど温度が高いので、動物学的には疲れが出やすい状態だが、人は動物とは違って・・・」

てな感じで言いなおすのも面倒・・・

 

簡単な回避方法は・・・近づかない事でしょう(-_-;)

僕はこんな話し方する人がいると、どんなに性格が良くても距離を置きます。

 

だって話せば話すほどストレスたまりません?

 

いつも応援ありがとうございます。