人生リセットボタン借金ブログ

借金850万と金利18%の絶望から個人再生でやり直してる日々の出来事

【ネカフェ難民都内が一日4000人】ネットカフェで1カ月暮らす費用はいくら?

f:id:hennsaisurude:20180131184913j:plain

誰でも使ったことがあると思うネットカフェですが

最近では背壺の良さにこれって普通に生活できそう!って思う事も多いです。

 

実際にそういう高級ネットカフェも出てるようで・・・カフェなのか宿舎なのか?って感じです。

 

でもね

日本は景気が良くなったとよく聞きますが

 

絶対にそんなことはない!

 

そう思うニュースがあります。

なんとネットカフェで暮らしてる人が東京都だけでも1日に4000人もいるそうです。

これはちょっと泊まる人ではなく、自宅を持たない人の数です。

 

今回はその部分をブログでまとめてみました。

 

 

皆さん聞いたことがある「ネットカフェ」、本を読んだりネットをしたり個室もあるしくつろげる場所です。

 

でも今はそこを利用して宿泊をしたり生活をしたり、そういった難民が問題になっています。

 

そもそもネカフェ難民って? 

ネットカフェ難民(ネットカフェなんみん)とは、いわゆるホームレスの一種で、定住する住居がなく、寝泊まりする場としてインターネットカフェ利用する人々のことを指す造語。略称はネカフェ難民(ネカフェなんみん)。

そう・・・住む場所がなくてネットカフェで生活してる人のことです。

 

なので当然これ以外にも食事や洗濯、風呂など・・・色々必要になりますがその総額で最低でもネカフェ生活は15万はかかるとも言われています。

 

東京都がネカフェ難民を調査

平成28年11月~29年1月、都内のネカフェなどでアンケート調査したら222件の回答があり、平日に色んな理由で泊まる人は1万5300人!そのうち住居はない人が・・・4000人!

 

東京都のホームレスが695人と言われていますが、この4000人を入れて考えるべきなのでは?

 

ちなみに23区内のホームレス数は平成11年度の5,800人がピーク!

今はネカフェ難民とホームレスを足すと・・・4,695人。

 

そんなに変わらない数字ですよ安倍首相!

 ※2018年3月26日時点では森友問題でいっぱいいっぱいです(-_-;)

ネカフェ難民の年齢層は?

これが年齢が若ければ・・・まだなんとかなりそうですが調べてみると

ネカフェ難民

30代が38.5%

50代が27.9%

 

職種はアルバイトや派遣労働者契約社員などで不安定な働き方の人が7割以上です。

 

その方たちの一か月の収入は11万~15万円

 

ってことは、ネカフェで生活しても赤字・・・

 

パチンコ店倒産は2.4倍、飲食店倒産は2倍

日本の景気ってどうなんでしょう?

景気がいいと言いながら実はめちゃ倒産しています。

 

これは東京商工リサーチの資料ですが、もう倒産の数が倍とかの問題じゃなく・・・終わりかけています。

f:id:hennsaisurude:20180131190656j:plain

日本は景気が良くなってるんじゃないの?

何が違うの?

 

体感的な景気の真実

大手企業の成績は良くなってるようです。

企業の利益は順調に出ているようです。

 

でもその利益が一般社員の給料に回さず、設備に回さず、会社の内部留保気味です。

 

中小企業はそのせいで苦しんでいます。

当然給料は上がりません。

 

儲からないのに仕事は増えるので職場に若い人も足りません・・・人口は減っています。

でも年々高齢者は増えています。

 

結局!

働きたいけど給料は安い!

安いから遊んだり買ったりできない!

将来が不安だからお金も使えない!

若い人がいないから年寄りだらけ!

 

こんな感じですよね?

なので逆の事をすればいいのに・・・

 

給料を上げる!将来の不安を感じさせない!・・・でもこれが難しいんですよね?

 

もう海外で暮らすとかしかやり方はないのかな?

日本はどうなっちゃうの?

 

いつも応援ありがとうございます。