人生リセットボタン借金ブログ

借金850万と金利18%の絶望から個人再生でやり直してる日々の出来事

【ブログのリライトとPV】リライトでPVは上がるのか下がるのかを実験するためにチャレンジしてみた

f:id:hennsaisurude:20180109184151j:plain

 

 

リライトって何? 

ブログ記事のリライトってご存知ですか?

 

リライトは、過去に書いた記事の一部を書き換えたり、新しい要素を書き加えたりすることです。

 

前から取り組んでみたかったんですが、まだまだ未熟なブログなんで、後回しにしていましたが今回チャレンジしました。

 

そして・・・ブログ記事をリライトすることで

検索順位がどのように変化するか?

それを調べてみたいと思います。 

 

 

どの記事をリライトするか? 

リライトと言っても、すべてを書き直してたらキリがないですよね。

 

まあ・・・昔書いた記事で恥ずかしいブログはたくさんあるので、できれば全部リライトしたいところですが・・・

 

やはりリライトしてアクセスアップにつながればいいので、アクセス頻度が高い記事で

もうちょっと手を加えたい・・・そんな過去ブログを探しました。

 

そして最初の候補はこの記事!

過去に書いた記事で自分的には長編・・・そしてなぜかアクセスが多い記事

 

リライト第一候補はこれだ! 

www.hensai.online

まずはこの記事をリライトしました。

 

どのようにリライトしたか?

まずは題名です。

 

この記事の検索ワードに「深夜」ってのが多く含まれていたのに、僕は「深夜」を入れていませんでした。

 

なので題名変更!

 

そしてブログの内容も変えてみました。

この頃はまだまだ今より初心者で、目次分けとか見出しとかできなかったんです。

 

なので文章をダラダラ書いてる感じです。

そりゃあ見にくいし不親切!

 

ってことで、見出しを付けて目次分けしました。

 

ついでに全文読みながら、いまいち伝わりにくい表現は直し、新たな文章を書きこんだり・・・そんな感じで編集しました!

 

リライトした感想

正直・・・やってよかったなーってのが感想です。

 

記事数が増えるわけでもなく、過去の記事なので・・・

もしかするとリライトして誰も読んでくれないかもしれない・・・

 

でもその頃のやっつけブログを編集して読みやすくできたので満足です!

 

リライトすると検索順位が上がるのか?

 

これはとても気になります。

 

元々僕の貧弱ブログの中では検索順位が上位だった記事なので、気になって色々検索しました。

 

検索順位が下がった

検索順位が上がった

 

意見は真っ二つ!!(-_-;)

 

でも色々調べたら・・・

リライトもただ丁寧に書き直すだけじゃだめで色々手法があるようです。

 

リライトの手法

1、記事選びは検索順位が2Pか3Pくらいのを

これはあと少しで上位を狙えるブログを一気に底上げする意味のようです。

そりゃ1位や1P目になれば大きいですよね。

どの記事でもいいって訳じゃない意味がここにあります。

2、ライバル記事を分析する

1でターゲットの記事を決めたら、次はライバルになる記事を研究!

そしてそれを抜く!ってことみたいですが・・・すさまじいな・・・

3、ユーザーの求めてる情報は何か?

なるほど!それに合わせて記事を書き直すわけだ!

ただ丁寧に書くわけじゃない・・・

4、さらにユーザーに役立つ情報を追加する

そこからさらに内容を追加・・・

 

奥が深い・・・

 

仕方がないのでリライト再挑戦

ここからが本番です!

リライト後にこのブログを書きましたが、自分で書きながら・・・まだまだ適当すぎる・・・って思ったので、この記事もリライトしました。

 

電話してみた!700MHz利用推進協会!

www.hensai.online

 

現在のYahoo!検索順位は

「700MHz利用推進協会  詐欺」で調べると・・・なんと1ページ目!

でも5番目くらいかな・・・

 

リライトでの順位変化観察してみよう!

電話してみた!700MHz利用推進協会!のブログ

これがリライトしたことによって

上がるのか?

下がるのか?

 

注視しましょう・・・(-_-;)  またご報告します。

 

リライトの結果検索順位2位に!

 

電話してみた!700MHz利用推進協会!のブログ記事ですが・・・なんと検索順位2位までに上がっていました!

 

やはりリライトは効果があるようです。

結果が出たので全記事のリライトにチャレンジします!

それにしても記事数が多すぎる・・・

 

いつも応援ありがとうございます。