人生リセットボタン借金ブログ

借金850万と金利18%の絶望から個人再生でやり直してる日々の出来事

個人再生で借金解決体験ブログ「着手」⑥急な電話・・・偏頗弁済かも!そして2回目の面談と書類提出

f:id:hennsaisurude:20180402142133j:plain

※2018年5月17日更新

受任後は書類集めと書類作成に追われる日々となります。

とにかく気持ちが落ち着きません。

 

 ▼前回までの流れのブログになります。

www.hensai.online

 

今回は個人再生で注しなくてはならない「偏頗返済」の危険と弁護士の先生との2回面談で書類をすべて提出するまでの内容をブログにしました。 

先生から急な電話

弁護士の先生から、夜になって急に電話ありました。

 

〇〇社からさきほど連絡あり、自動引き落としになっていて

引き落としを止めるのに時間がかかり

口座の残高があると引き落としになってしまい

偏頗弁済になるので口座の残がないようにしてください!

 

夜ですよ・・・引き落とし一日前ですよ・・・

 

それも受任通知を送って、すでに10日以上・・・2週間ほど経過してます。

 

いつもの〇〇社は、普通に返済してるときは数日前にメールで引き落としの連絡あるのに、今回はそれもなくて一日前になってこういった無理難題です。

 

なんかね、わざとしてるような感じがしました・・・

 

どうも変だと思っていたんです。

 

偏頗弁済とは?

偏頗弁済は「特定の業者」や「債権者」だけにだけに返済することです。

 

弁護士の先生がすべての債権者に受任通知を送ったら督促は止まります。

その後は債権者平等になるので、一部の業者だけに返済とかはNGです。

一部の債権者だけに返済を行ったりする・・・これが偏頗弁済です。

 

偏頗弁済をしてしまうと・・・ややこしいことになります(-_-;)

 

絶対に気を付けてください!

 

とある貸金業者〇〇社の妙な部分

その今回の原因となった「〇〇社」ですが・・・なんか受任通知後に妙だったんです。

ここにも変だな?ってブログにありますが・・・

 

www.hensai.online

 

奇妙1

受任通知を送って2週間は経過しているのに、相変わらず「借り入れができる状態」

2週間も経ってるのに書類のタイムラグいなんてありませんよね?

 

奇妙2

仮にタイムラグで受任通知に気がつかなかったとしたら普段の返済パターンのはず。

その場合はいつも数日前に引き落としの事前連絡がメールであるのに、今回はまったく音沙汰無し

 

奇妙3

なぜか引き落とし前日の夜に電話・・・

 

もうね確実に変ですよね?

 

そして僕は冷や汗

偏頗返済の可能性がある債権者用の引き落とし先の口座には残高がありました。

 

でも凍結されていて入金も出金もできません。

残高も千円程度です。

 

先生は引き落としされにように全額出金してください!とは言うけど、夜だし・・・そもそも凍結されて出金できない状態です、

 

こういう場合でも勝手に引き落としされるのでしょうか?

 

いつもの僕なら→残高不足だからそんなことないでしょ(笑)

不安な今の状態→残高が少しでも・・・1円でも引き落とされるのでは??

 

こんな心配で頭がいっぱいです。

 

凍結されてても引き落とされるの?

 

本当に不安です。

いつもの僕なら→凍結されてるから平気でしょ

不安な今の状態→ちょうど明日解除されるのでは??

 

焦りましたよ・・・

 

コンビニのATMで確認

もしかしたら自分が知らないだけで本当は出金できるの?そんな不安に駆られて走ってコンビニにいって早速残高を引き落としできるか・・・確認・・・やはりできません・・・やはり凍結です。

 

ネット振り込みで別口座へ

さらにネット振り込みできるか確認しました。

申し込みはできましたが、今朝になると却下されてます・・・やはり凍結されています。

 

残高を見ても・・・引き落とされた形跡もありません。

 

再度、今回のきっかけになった〇〇社のアプリで取引確認

とにかくこの非常識なローン会社のアプリで実際に取引ができるか確認しました。

受任通知が届いて対策されてるのなら取引なんかできないはず・・・ところが、あれ?

返済してないのに「返済」となってる??なぜ?

 

ここまでの整理

なんだか話があっち行ったりこっち行ったりとなったのでここで整理してみます。

結局はこういう事です。

 

〇〇社に受任通知を出しても、いつまでも借り入れができる状態。

普通は受任通知が届くと取引はできません。

〇〇社は普段は事前に返済のお知らせをするのに、なぜか今回だけはない

〇〇社は口座の残価があれば引き落としますよ!

と引き落とし前日の夜に弁護士の先生に連絡。

 ↓

引き落とし日に口座を見ても引き落とされていない(凍結だし、残高不足だし)

〇〇社の会員サイトで履歴を見たら「返済したこと」になってる??

 返済していないのに???

 

はぁぁ・・・もうなに??

 

念のために弁護士の先生に状況を連絡してみると、なんだか大丈夫そうだったのでとりあえず考えることをやめました。

 

いまは言われたことを用意して行くだけです。

でも不安がどんどん増えていく・・・  

 通帳にもコピーの仕方がある!

弁護士の先生と2回目の面談日が来ました。


いろいろと用意するように言われた書類ですが、なんとか準備ができたんで持っていきました!

 

通帳も良かれと思って事前にコピーしたんですが、通帳にもコピーの仕方ってのがあるようで、通帳自体を持ってくるように言われました・・・

知らなかったよ・・・

 

弁護士の先生に、通帳多いですね!とか言われました(-_-;)

 

とにかく通帳はコピーの仕方があるので注意!

 

ただし口座のない銀行明細、いわゆるネット銀行は普通にプリントアウトでいいみたいです。

 

副収入はきちんと報告

僕の場合はA8ネットの収入とかあったのでそれを家計簿に記帳しておきました。

 

なんですか?これ?

 

と・・・先生から当然聞かれました。

それを説明するのですがキャッシュバックみたいな感じです!

口座を作ればお金くれるんです!

とか説明してもよく伝わりません・・・なんとか苦労しながら理解してもらえました。

 

まあ普通はそうですよね。

とりあえずきちんと隠さず報告が大事です! 

保険証書は返戻金の部分が必要  

これって僕の場合は返戻金がない医療保険だけなので、特に問題なだろと簡単に考えてたんですが、医療保険でも返戻金があるのかないのか?その辺もしっかりわかるようにしないとダメなようです。

 

返戻金があるかないかわかる書類?を用意する必要あるので、すぐに保険会社さんに連絡しました。

 

退職金計算書 

個人再生をする方は、ほぼ悩むと思う退職金計算書ですが、僕の場合は「個人再生」のことは会社に伝えていますので、あとはもらうだけです。

 

といっても書類は自分で作成し、弁護士の先生にこの書式でいいのかは確認してもらいました。

 

その書類をもって会社に印鑑を押してもらう形で解決です。

 

その他追加書類 

住民票とか家計簿の修正がありました。

住居に関する書類も色々必要です。

それ以外に・・・これは難しいな?と思うようなものはないです。

 

今後の予定 

おそらく来月分も家計簿が必要かも?

12月末までは書類の準備弁護士費用も払っていく感じですね。

 

きっと年明けに申し立てになる流れのようです。

早く進めたいな・・・ってのが本音です。

 

2度目の面談を終えて 

心配なことだらけでしたが、2度目の相談などで今後の流れが見えてきた感じです。

 

なんだか久しぶりに気持ちが晴れました。

 

ずっとずっと昔にこういう気持ちがあったんだ・・・って思い出す感じです。

 

光が見えたというか青空が見えたというか・・・それを体感できました。

ああ・・・こういう感情忘れてた・・・

 

精神的にアップダウンはあるけど本当に気持ちが楽になってきています。

 

よくネットで「弁護士へ相談したら変わる!」とか書いてるのを見かけるけど、本当に色々変わってくると思います。

 

いつも応援ありがとうございます。

 

 ▼はてな読者登録もぜひお願いします▼